BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

2014-05-23から1日間の記事一覧

「スピンク日記」 2011

★★★☆☆ 意識しているのだろうが「吾輩は猫である」のよう。この形式は動物の目線で物事を見るというだけではなく、自分がどう見えているかを客観視することでもあるんだな、と気付いた。自己分析とかに活用できそう。 吾輩は猫である 作者: 夏目漱石 発売日: …

「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」 1980

★★★★☆ リリー三回目の登場ということで、スペシャル感が漂う。物語の進行もいつもと違う。 寅次郎のリリーへの感情って色恋とは少し違うのかなって感じた。恋愛というよりも同志といった感情。寅さんに対するリリーの想いに戸惑っているようにも見える。ただ…

「漁港の肉子ちゃん」 2011

★★★★☆ 肉子ちゃんて・・って、そのネーミングに若干引いてしまうが、いちいち人物描写しなくてもどんな容姿をしているか分かってしまうので、合理的ではある。 この肉子ちゃんのように深く考えずに楽しい時は全力で笑って、悲しい事には鈍感でいられたら人生…

「最後の忠臣蔵」 2010

★★★★☆ 忠臣蔵っていうから、チャンバラかと思っていたので最初戸惑ってしまった。桜庭ななみが良い。 いい話なんだけど、侍は死にたがりだなと。きっちりと役目を果たして、人生も楽しめばいいのにって思う。 監督 杉田成道 原作 最後の忠臣蔵 (角川文庫) 作…