読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

★4

「苦役列車」 2012

★★★★☆ 一家離散し中学卒業後、日雇いで日々を暮らす男が、仕事先で同年代の男に話しかけられ仲良くなる。 主人公の人との距離感がうまく取れない感じが切ない。中卒というコンプレックスがあるし、父親が性犯罪者だという負い目があり、どうせろくな人間にな…

「エクスペンダブルズ」 2010

★★★★☆ 監督/脚本/出演 シルヴェスター・スタローン 独裁者の陰でCIAが暗躍する小さな島に、傭兵軍団が乗り込む。 とりあえず出演者を見るだけで満足できる顔ぶれ。かつてのアクションスターたちがお得に詰め合わされている。こうなってくると緻密なストー…

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 2015

★★★★☆ 監督/脚本/製作 ジョージ・ミラー 核戦争後の世界をさまよう男がふとしたきっかけで、独裁者の搾取から逃亡を図る女たちと行動をともにするようになる。 とりあえずこの仕上がってる世界観がすごい。v8エンジンを崇めたり、ギターで轟音をかき鳴ら…

「夜と霧」 1946

★★★★☆ 著者 ヴィクトール・E・フランクル ナチスの収容所に収容され、生き延びた心理学者の体験記。 何度か心理学関係の本で取り上げられていたので読んでみた。アウシュヴィッツをはじめとする収容所の中での話。収容された人たちが人間として扱われず、そ…

「何者」 2012

★★★★☆ 就活対策のために集まった男女がそれぞれ思いを抱えながら、内定を得るために奮闘する。 なかなか心に痛い小説だった。内定を得るよりも断られることの方が多いという、人生でほとんど経験することのない経験をしながらも、それでもそう簡単に止めるこ…

「春琴抄」 1933

★★★★☆ 著者 谷崎潤一郎 盲目の三味線の師匠の女に仕える弟子の男。 プライドの高い女。元々の性格や育った環境にその原因はあるのだろうが、一番の原因は男だろうな。気位が高くても人生が進むにつれ人は性格が丸くなっていくものだけど、男がそれをさせなか…

「たった2日でわかるLinux」 2014

★★★★☆ 2日でわかると言っているが、事前準備として前日に1時間あてているし、1日目の想定時間が6時間ほど取られていて、本気で集中力を持って取り組まないと厳しい。とは言っても必要に迫られている人でない限り、絶対に2日で取り組まなきゃいけない必然性は…

「127時間」 2010

★★★★☆ 監督・脚本・製作 ダニー・ボイル 誰にも行先を告げずに渓谷にトレッキングに出かけた男が事故に遭う。 序盤の大自然、雄大な景色、開放的な女子でやっぱ自然はいいよな、人間らしくなれる、なんて思わせておいてから、絶望に突き落とすスタイル。ショ…

「ディパーテッド」 2006

★★★★☆ 監督・製作 マーティン・スコセッシ 警察に潜入したマフィアのスパイと、マフィアに潜入した警察のスパイ。 香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクだけど、本家はもっと緊張感があったような気する。スパイであることを疑われないようにするこ…

「バイ貝」 2012

★★★★☆ 私は激怒した。馬鹿か。少しは自分の脳を使え。なにを弛緩しきって、考えたことを思いついたことをそのまま外界に垂れ流しているのだ。 p193 カネを稼ぐ事で蓄積された欝を発散させるため、鎌を買いに出かける。 景気の悪いお金の話を延々とされると、…

「リード・マイ・リップス」 2001

★★★★☆ 監督/脚本 ジャック・オーディアール 土地開発会社で働く難聴のため読唇術ができる女性が、アシスタントとして男を雇う。 何度か官能的な方向に向かうのか、と思わせながら踏みとどまってサスペンスが進行していく。女の掴んだチャンスは逃さない、み…

「人生はビギナーズ」 2011

★★★★☆ 監督/脚本 マイク・ミルズ 母の死後、ゲイである事をカミング・アウトした父親を看取った男が、一人の女性と出会う。 監督自身の体験をもとにしているらしいが、自分の父親がゲイであるなんてかなり衝撃的だろうな。そして色々考えて混乱しまう。じゃ…

「メカニック」 2011

★★★★☆ 監督 サイモン・ウェスト 任務で恩人を殺した殺し屋が、その息子を弟子として鍛え、ともに行動するようになる。 冒頭の完璧な暗殺で十分説得力はあるんだけど、もうちょっとジェイソン・ステイサムの殺し屋ぶりを見たかった。ドラマがなくても、いろん…

「百年の孤独」 1967

★★★★☆ 著者 G・ガルシア・マルケス ある村を創設した一族の百年に及ぶ物語。 百年もあれば子供が生まれて、さらにその子供が生まれてってあるんだけど、その子どもたちの名前がほとんど同じ名前の使い回しでそこが最初戸惑った。でも、それを乗り切れば一気…

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」 2005

★★★★☆ ミュージシャン、ジョニー・キャッシュの伝記。 こういう伝記ものって結末というか、晩年が悲しい感じになってしまうものが多いが、この映画ではハッピーエンド的結末で良かった。 ジョニー・キャッシュって名前ぐらいしか知らなかったけど、レパート…

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 2007

★★★★☆ 無実の罪で捕らえられ、妻子と引き離された男が、復讐のためにロンドンに戻ってくる。 正直あまりティム・バートンのテイストって得意じゃないんだけど、この映画は面白かった。 結構えげつない残酷でグロテスクなシーンも多いのだが、ミュージカル形…

「SAFE/セイフ」 2012

★★★★☆ 監督/脚本 ボアズ・イェーキン 妻を殺され生きる気力を失っていた男が、天才的な数学能力を組織に利用され事件に巻き込まれた少女を救出するために動き出す。 ジェイソン・ステイサム、そんなに強いなら最初から暴れとけよ、って思わなくもないけど、…

「LOOPER/ルーパー」 2012

★★★★☆ 監督/脚本 ライアン・ジョンソン 30年後の未来から送られて来た人間を処刑する殺し屋のもとに未来の自分が送られてくる。 いわゆるタイムトラベルもので、この手のものはタイムパラドックスがどうとかでややこしくなりがちだけど、そういうものは存…

「死神の浮力」 2013

★★★★☆ 著者 bookcites.hatenadiary.com 娘を殺された夫婦が、犯人への復讐を企てる。 「死神の精度」の続編。死神がいる時点で主人公がほぼ死ぬということが分かっていて、それでいて死ぬ日が決まっているのでそれまでは死なないということも分かっている、…

「言の葉の庭」 2013

★★★★☆ 雨の日は授業をサボって公園で過ごす男子高生が、一人の女性と出会う。 新海監督の作品を初めて観たけど、ジブリや細田作品と比べるとテンポが早く感じた。他だともう一拍置くような所でもシーンが切り替わる。監督のスタイルなのか短編作品だからか分…

「海街diary」 2015

★★★★☆ 監督・脚本 bookcites.hatenadiary.com 姉妹三人で暮らす鎌倉の家に、腹違いの中学生の妹が加わる。 単純に美人が四人も主演で出ていればストーリーがどうあれ見ていられるんだけど、さらに鎌倉の風景と古民家での暮らしぶりなどの映画的要素が気分を…

「長ぐつをはいたネコ」 2011

★★★★☆ 監督 クリス・ミラー 後で知ったがシュレックのスピンオフ作品。ジャックと豆の木やハンプティダンプティ等他の童話のキャラが出てくるのでシュレックぽいなって思ってた。アントニオ・バンデラスとサルマ・ハエックが声を担当していて、内容もデスペ…

「小さな会社のWeb担当者のためのHTML5/CSS3とWeb技術の常識」 2014

★★★★☆ webの初歩として、初心者にとってはよくまとめられている。これを読んだからと言って、何か作れるわけではないが、何をすればいいかが分かる。 ただ初版とはいえ誤字・脱字などが多く見られて、かなり残念。 著者 H2O SPACE 小さな会社のWeb担当者のた…

「箱入り息子の恋」 2013

★★★★☆ 女性が聖人過ぎるのが気になるけど、面白かった。 監督/脚本 市井昌秀 出演 星野源/夏帆/平泉成/森山良子/大杉漣 bookcites.hatenadiary.com 箱入り息子の恋 発売日: 2013/12/04 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 箱入り息子の…

「宇宙戦争」 2005

★★★★☆ 主人公一家が全員無事なのが都合がいい感じがするし、息子の暴走っぷりがよく分からないのだけど、なかなか楽しめた。ラストや、宇宙人が攻めてきているのに人類同士で争ったりするところが皮肉が効いてていい。 しかしこんな時でも自分の仕事を続ける…

「これだけは知っておきたい Webアプリケーションの常識」 

★★★★☆ ウェブアプリを作りたいけど、何をしていいかわからない人には、まず最初に読むといい本。いきなりhtmlとかphpの本を読むよりも。 何のためにそのプログラミング言語を学ばなければいけないかがよく分かる。 著者 藤本壱 これだけは知っておきたい Web…

「ロングテール‐「売れない商品」を宝の山に変える新戦略」 2006

★★★★☆ 発表されてから随分経つが、今読んでも全然古臭さを感じない。「ロングテール」の分析が深く、なるほどと思うことばかりで刺激的だ。 このようなロングテール現象を起こせないものは何があるのだろうか。不可能だと思っているようなことでも、アプロー…

「危険がいっぱい」 1964

★★★★☆ 「太陽がいっぱい」と同じ監督だけど、その映画同様、なんとも言えないラスト。嫌いじゃない。 監督/脚本 ルネ・クレマン 原作 危険がいっぱい (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1722) 作者: デイ・キーン,松本依子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: …

「コン・エアー」 1997

★★★★☆ みんな真面目な顔をしているけど、実質コメディー。警官はみんなドーナツ食べてるし。笑わかせる気満々。 スティーヴ・ブシェミがもったいぶった登場しておきながら、大したことしてない。 監督 サイモン・ウェスト 製作 ジェリー・ブラッカイマー 出…

「21オーバー 最初の二日酔い」 2013

★★★★☆ 酔っ払っているのは一人だけ、あとの二人は素。滅茶苦茶な展開だったけど楽しめた。 監督/脚本 ジョン・ルーカス/スコット・ムーア 出演 マイルズ・テラー/ジャスティン・チョン/スカイラー・アスティン/サラ・ライト/フランソワ・チャウ 21オ…

「アンジェラ」 2005

★★★★☆ 天使と人間の恋。わりとありがちなストーリではあるけど、テンポもよく、面白い表現で楽しめた。 監督/脚本/製作 リュック・ベッソン 出演 ジャメル・ドゥブーズ/リー・ラスムッセン アンジェラ (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデ…

「黄金を抱いて翔べ」 2012

★★★★☆ 在日関連の細かい話や関係は正直よく分からなかったが、そういうのを抜きにしても引き込まれて見ることができた。浅野忠信の強引なリーダー役がハマっていた。 監督/脚本 井筒和幸 原作 黄金を抱いて翔べ (新潮文庫) 作者: 高村薫 出版社/メーカー: …

「1984年」 1949

★★★★☆ よくある反逆の仕方をするかと思っていたので、ああいう反逆の仕方はかなり意表を突かれた。でもあの方法によって、そんな事すらも反逆になってしまう世界の恐ろしさを感じることもできる。 しかし、よく考えられた世界だ。 著者 ジョージ・オーウェル…

「300 〈スリーハンドレッド〉」 2007

★★★★☆ 映像のどこを切り取っても絵画になりそうな構図。それも古代の神話を描いたような。異形のものを登場させるのもそれっぽい。 監督/脚本 ザック・スナイダー 原作 300(スリーハンドレッド) (Shopro world comics) 作者: フランクミラー,関川哲夫 出版…

「インセプション」 2010

★★★★☆ 潜在意識がどうとかじゃなくて、これは主役の診療セラピーの話。仕掛けが大きすぎて、いろんなところに目が行きがちだけど。 監督/脚本/製作 bookcites.hatenadiary.com 出演 レオナルド・ディカプリオ bookcites.hatenadiary.com ジョゼフ・ゴード…

「ゴールデンスランバー」 2010

★★★★☆ 原作を読んでいるので、物語が脳内で補完されるせいか、なかなか面白かった。そして音楽がいい。 みんなが主人公を当然のように信じているのがいい。特に父親がかっこよすぎた。 監督/脚本 bookcites.hatenadiary.com 原作 bookcites.hatenadiary.com…

「奇跡」 2011

★★★★☆ 子供たちがやらされてる感がなく、すごく自然に撮れてるのがすごい。出てる役者陣がかなり豪華。 監督/脚本/編集 bookcites.hatenadiary.com 出演 前田航基/前田旺志郎/橋本環奈/オダギリジョー/阿部寛/長澤まさみ bookcites.hatenadiary.com …

「東京家族」 2013

★★★★☆ 普通にいい映画だった。けどやっぱり東京物語との比較をしてしまう。あっちはこうだったけど、こっちではこうするのか、と。中島朋子の小憎らしさが足りなかった。 あとセリフはかなり小津を意識している感じはする。震災の話を織り交ぜてくるのはさす…

「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー〜感度サイコー!!!〜」 2011

★★★★☆ ただのライブ映画かと思ったら、それなりに工夫してある。あんまりライブ映像とかかったるくて見てられないんだけど、これは全然見れる。ってかもっと観たかった。 監督 鈴木剛 出演 忌野清志郎/石田長生/内田勘太郎/木村充揮/竹中直人/宮藤官九…

「ルパン三世 カリオストロの城」 1979

★★★★☆ 警官に追われているのにハッピーエンドになるっていうのは、アニメならではだ。 監督/脚本 宮崎駿 原作 ルパン三世 : 1 (アクションコミックス) 作者: モンキー・パンチ 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/12/16 メディア: Kindle版 この商品を…

「96時間」 2008

★★★★☆ 目的のためなら無慈悲で容赦しない徹底ぶりが気持ちいい。強引で少し都合のよい展開だが、無駄に長引かせずテンポがよい。 娘が行方不明になったときの、母親と義理の父親の物わかりの良さがちょっと解せなかったけど。 監督 ピエール・モレル 脚本/…

「アナライズ・ユー」 2002

★★★★☆ たしか続編で、前篇がどんな話だったか覚えていないのが残念だが、それでも楽しめた。相変わらずデニーロはいい表情を見せる。 監督/脚本 ハロルド・ライミス 製作総指揮/出演 ビリー・クリスタル 出演 bookcites.hatenadiary.com リサ・クドロー/…

「借りぐらしのアリエッティ」 2010

★★★★☆ アリエッティの存在を素直に受け入れてしまう少年がよく分からないんだけど、まぁ普通に面白かった。 うちみたいにほこりまみれの家には来ないんだろうな。 監督 米林宏昌 脚本 宮崎駿/丹羽圭子 原作 床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少…

「清須会議」 2013

★★★★☆ 笑えるっていう意味ではないけれども面白かった。 信長が死んでそれなりの年齢の子供たちもいたのに、彼らではなく秀吉がその後を継いだみたいな形になったのがよく分からなかったのだけど、それが分かったような気がした。結局戦国の世は主君が駄目で…

「モテキ」 2011

★★★★☆ モテ期が訪れたというよりは、真面目に恋愛しようとがんばった、という感じ。 監督/脚本 大根仁 原作 モテキ コミック 1-5巻セット (イブニングKC) 作者: 久保ミツロウ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/09/07 メディア: コミック この商品を含…

「網走番外地」 1965

★★★★☆ ハリウッドアクションの趣がある。 世話になった人の奥さんに危害を加えたところで、ちょっとひいた。 監督/脚本 石井輝男 出演 bookcites.hatenadiary.com bookcites.hatenadiary.com 田中邦衛/南原宏治/嵐寛寿郎 網走番外地 発売日: 2016/10/14 …

「浮草」 1959

★★★★☆ それぞれの想いが絡まって、うまいこといかないもどかしさ。 監督/脚本 bookcites.hatenadiary.com 出演 2代目中村鴈治郎/京マチ子/若尾文子/川口浩/杉村春子 bookcites.hatenadiary.com 浮草 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商…

「君よ憤怒の河を渉れ」 1976

★★★★☆ なんかもう熊とか馬とかセスナとか精神病院とか無茶苦茶な展開で逆に面白い。これぐらいやってくれたら、リアリティーがーとか言う気もなくなる。 シーンに合っていない能天気な音楽も、ある意味いい効果。濡れ場に切ない音楽がかかるのが昭和っぽい。…

「居酒屋兆治」 1983

★★★★☆ 人生を感じさせる映画。本筋の話は、ある意味都合が良かったともいえる。 監督 降旗康男 出演 bookcites.hatenadiary.com 大原麗子/加藤登紀子/池部良/伊丹十三/田中邦衛 居酒屋兆治 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブ…

「あなたになら言える秘密のこと」 2005

★★★★☆ 静かな映画で、最後にあんなどぎつい話が待ち受けてるとは思わなかった。でも実際には世界のどこかで今でもこういう事が起きてるんだよな。日本は平和だ。 監督/脚本 イザベル・コイシェ 出演 サラ・ポーリー/ティム・ロビンス あなたになら言える秘…