読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「運動靴と赤い金魚」 1999

★★★★☆ 妹の大事にしていた運動靴を失くしてしまった男の子。 普段あまりなじみのない国の映画は、知らない風習や文化を垣間見れて、それだけで興味深い。靴を大事にしているのになんで外に置いておくのだろう、とか目上の人に発言するときは少し手を挙げるん…

「墨攻」 2006

★★★★☆ 大国の軍勢が目前に迫った小国の王は、救援を墨家に求める。 この映画を観て思ったのは、つくづく女ってめんどくさいな、と。来るなって言ってもついてきたり、いらないといっても押し付けてくる。それをばっさり拒絶することが出来ない男も駄目なんだ…

「燃えよドラゴン」 1973

散々のちにパロディーされたり、物まねされている映画をこうして見てみると、ヌンチャクを使うシーンって少ないんだ、とか、やっぱりブルース・リーはなんか変だ、とか意外な感じのすることが多い。前編ヌンチャク使いまくっていたんだろうな、とか、みんな…

「PROMISE 無極」 2005

アジアのスター達が華美な衣装を纏っての競演。豪華すぎるぐらいの衣装だが、戦闘シーンでは敵味方が明快で分かりやすい。 観てる間ずっと引っかかっていたのがセシリア・チャン。美人かなぁ。絶世の美女的扱いなんだけど、どうも納得がいかない。派手な衣装…

「ブラザーフッド」 2004

タイタニック風の始まり。それにしても戦争映画はどんどん描写が過激になっていく。これで戦争がなくなればいいのかもしれないけど。 民間人騙して戦争連れて行くのはひどい。赤紙的なもので無理やり徴兵するほうがまだましだ。 最初はチャン・ドンゴンの表…