読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

洋画

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 2007

★★★★☆ 無実の罪で捕らえられ、妻子と引き離された男が、復讐のためにロンドンに戻ってくる。 正直あまりティム・バートンのテイストって得意じゃないんだけど、この映画は面白かった。 結構えげつない残酷でグロテスクなシーンも多いのだが、ミュージカル形…

「キリング・ショット」 2011

★★☆☆☆ パルプフィクションを意識してるんだろうな。 面白そうな雰囲気はあるんだけど、全然面白くない。意味不明な個所がたくさんあるのと、筋が通っていないのと色々と問題がある。 監督/脚本 アーロン・ハーヴェイ 出演 ブルース・ウィリス/マリン・アッ…

「フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白」 1993

★★★☆☆ 極秘だったとはいえ、親友が死んでしまったとはいえ、戦争が勃発したとはいえ、それでもほったらかしにされたのが、全然納得できない。勝手な実験ではなく、ちゃんとした手続きの上で行われたわけだから。みんな忘れてしまうなんてありえない。恋人も…

「宇宙戦争」 2005

★★★★☆ 主人公一家が全員無事なのが都合がいい感じがするし、息子の暴走っぷりがよく分からないのだけど、なかなか楽しめた。ラストや、宇宙人が攻めてきているのに人類同士で争ったりするところが皮肉が効いてていい。 しかしこんな時でも自分の仕事を続ける…

「ある子供」 2005

★★★☆☆ 子どもをネグレクトしたり、虐待してしまうくらいなら、子供が欲しい夫婦に渡してしまってもいいのかもって思った。 監督/脚本/製作 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 出演 ジェレミー・レニエ/デボラ・フランソワ ある子供(字幕版) 発売日: …

「ミート・ザ・ペアレンツ」 2000

★★★☆☆ コメディのロバート・デ・ニーロの顔芸は笑える。 そして必死に彼女の両親に気に入られようとしているベン・スティラーを見ていたら、笑えるんだけど心が痛くもある。 監督/製作 ジェイ・ローチ 製作/出演 bookcites.hatenadiary.com 製作総指揮 boo…

「危険がいっぱい」 1964

★★★★☆ 「太陽がいっぱい」と同じ監督だけど、その映画同様、なんとも言えないラスト。嫌いじゃない。 監督/脚本 ルネ・クレマン 原作 危険がいっぱい (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1722) 作者: デイ・キーン,松本依子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: …

「コン・エアー」 1997

★★★★☆ みんな真面目な顔をしているけど、実質コメディー。警官はみんなドーナツ食べてるし。笑わかせる気満々。 スティーヴ・ブシェミがもったいぶった登場しておきながら、大したことしてない。 監督 サイモン・ウェスト 製作 ジェリー・ブラッカイマー 出…

「21オーバー 最初の二日酔い」 2013

★★★★☆ 酔っ払っているのは一人だけ、あとの二人は素。滅茶苦茶な展開だったけど楽しめた。 監督/脚本 ジョン・ルーカス/スコット・ムーア 出演 マイルズ・テラー/ジャスティン・チョン/スカイラー・アスティン/サラ・ライト/フランソワ・チャウ 21オ…

「アンジェラ」 2005

★★★★☆ 天使と人間の恋。わりとありがちなストーリではあるけど、テンポもよく、面白い表現で楽しめた。 監督/脚本/製作 リュック・ベッソン 出演 ジャメル・ドゥブーズ/リー・ラスムッセン アンジェラ (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデ…

「ジェシー・ジェームズの暗殺」 2007

★★★☆☆ アメリカ人なら、ある程度の知識を前提として持っているのかもしれないが、全然知らなかったので、ストーリーが今イチ理解できなかった。 ただ、よく分からないなりに得体のしれない悪党だっていう事が、ブラッド・ピットの演技を通して伝わってきた。…

「スパルタカス」 1960

★★★☆☆ キューブリックの作品だからと身構えて観たけど、普通にすんなりと観られる史劇だった。 昔の映画は本物の人間を大量に使っていたりして、CGとは違ってすごい迫力がある。 監督 bookcites.hatenadiary.com 製作総指揮/出演 カーク・ダグラス 出演者…

「マスク」 1994

★★★☆☆ カートゥーン的な動き。いつものジム・キャリーの、くどさを感じる演技。もう少し変身後の顔を愛嬌のあるものにすればよかったのに。 よくある時限爆弾のくだりも、こういう解決の方法は面白かった。 監督/製作総指揮 チャールズ・ラッセル 出演 ジム…

「ロシアン・ルーレット」 2010

★★★☆☆ ただ単純にロシアンルーレットをやっているだけで、大きなドラマがなかった。ドキュメンタリーでやっても、こんな感じになりそう。 ジェィソン・ステイサムにもっと仕事をさせてほしかった。もったいない。 監督/脚本/製作総指揮/編集 ゲラ・バブル…

「300 〈スリーハンドレッド〉」 2007

★★★★☆ 映像のどこを切り取っても絵画になりそうな構図。それも古代の神話を描いたような。異形のものを登場させるのもそれっぽい。 監督/脚本 ザック・スナイダー 原作 300(スリーハンドレッド) (Shopro world comics) 作者: フランクミラー,関川哲夫 出版…

「スピード・レーサー」 2008

★★★☆☆ テンポがいい。 監督/脚本/製作 アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー 出演 エミール・ハーシュ/クリスティーナ・リッチ/マシュー・フォックス/スーザン・サランドン/ジョン・グッドマン/真田広之 スピードレーサー (字幕版) …

「マイ・ルーム」 1996

★★★☆☆ やはり若い頃のディカプリオは美しい。今じゃ普通のおっさんだけど。 それぞれを描ききれなかった印象。 監督 ジェリー・ザックス 原作 マーヴィンの部屋 作者: スコット・マクファーソン,松本永実子 出版社/メーカー: 而立書房 発売日: 1998/03/25 メ…

「天井桟敷の人々」 1945

★★☆☆☆ 正直見ていてつらかった。三時間も必要なのか。タイトルが中身と違うような。 監督 マルセル・カルネ 出演 アルレッティ/ジャン=ルイ・バロー 天井桟敷の人々 [DVD] 出版社/メーカー: 株式会社コスミック出版 発売日: 2006/11/21 メディア: DVD 購入…

「インセプション」 2010

★★★★☆ 潜在意識がどうとかじゃなくて、これは主役の診療セラピーの話。仕掛けが大きすぎて、いろんなところに目が行きがちだけど。 監督/脚本/製作 bookcites.hatenadiary.com 出演 レオナルド・ディカプリオ bookcites.hatenadiary.com ジョゼフ・ゴード…

「ヒース・レジャーの恋のからさわぎ」 1999

★★★☆☆ かなりベタな展開の映画だけどそこそこ笑えたし、そこそこ楽しめた。気楽に見るにはいい。 監督 ジル・ジュンガー 原作 じゃじゃ馬ならし・空騒ぎ (新潮文庫) 作者: シェイクスピア,福田恒存 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1972/01/29 メディア: 文…

「天国の門」 1980

★★☆☆☆ 正直何やってんだかよく分からなかった。分かるのはアメリカ人が野蛮な事だけ。 クリストファー・ウォーケンは、なんだか男装している女みたいだった。 監督/脚本 マイケル・チミノ 出演 クリス・クリストファーソン/クリストファー・ウォーケン/ジ…

「96時間」 2008

★★★★☆ 目的のためなら無慈悲で容赦しない徹底ぶりが気持ちいい。強引で少し都合のよい展開だが、無駄に長引かせずテンポがよい。 娘が行方不明になったときの、母親と義理の父親の物わかりの良さがちょっと解せなかったけど。 監督 ピエール・モレル 脚本/…

「アナライズ・ユー」 2002

★★★★☆ たしか続編で、前篇がどんな話だったか覚えていないのが残念だが、それでも楽しめた。相変わらずデニーロはいい表情を見せる。 監督/脚本 ハロルド・ライミス 製作総指揮/出演 ビリー・クリスタル 出演 bookcites.hatenadiary.com リサ・クドロー/…

「メダリオン」 2003

★★★☆☆ 映画に深みがないというか、まぁコメディだからしょうがないのか。シリーズもののドラマを途中から見させられたような感じ。登場人物のキャラクターはもうわかっているでしょ、って感じで説明なし。 ジャッキーの相棒役の男は、笑わせ方がコテコテでき…

「幸せのレシピ」 2007

★★★☆☆ リメイクだがオリジナルと比べると、ってあまり詳しく覚えていないが、深みが足りないような気がする。子供をだしにしていて、恋愛が中心に描かれてしまっている。親を失った子供について描き切れていない様な。 監督 スコット・ヒックス 出演 キャサ…

「戦略大作戦」 1970

★★★☆☆ ストーリ自体はいまいち。ただミリタリー関係の装備がいちいちカッコいい。 監督 ブライアン・G・ハットン 出演 bookcites.hatenadiary.com テリー・サバラス/ドン・リックルズ/スチュアート・マーゴリン/ドナルド・サザーランド 戦略大作戦(字幕版…

「トゥモロー・ワールド」 2006

★★★☆☆ 分かるようでよく分からないストーリー。マイケル・ケインが一人おいしい。 監督/脚本/編集 アルフォンソ・キュアロン 原作 人類の子供たち (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者: P.D.ジェイムズ,P.D. James,青木久恵 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: …

「ラスト・ソング」 2010

★★★☆☆ 前半はいかにもアイドル映画。後半から趣は変わってくるけど。 マイリー・サイラス可愛いか?ってモヤモヤしながら見ていた。あと、ピアノが上手いっていうのが説得力がない。 監督 ジュリー・アン・ロビンソン 原作 ラスト・ソング 作者: ニコラス・…

「フライトプラン」 2005

★★☆☆☆ 途中シックスセンスみたいな感じになったところがちょっと面白かったけど、全体的には疑問だらけ。色々言い訳をしているけど、やっぱり誰も見てないっていうのは苦しい。 監督 ロベルト・シュヴェンケ 出演 ジョディ・フォスター/ピーター・サースガ…

「あなたになら言える秘密のこと」 2005

★★★★☆ 静かな映画で、最後にあんなどぎつい話が待ち受けてるとは思わなかった。でも実際には世界のどこかで今でもこういう事が起きてるんだよな。日本は平和だ。 監督/脚本 イザベル・コイシェ 出演 サラ・ポーリー/ティム・ロビンス あなたになら言える秘…

「ボーン・アルティメイタム」 2007

★★★★☆ 相変わらずボーンは強い。強すぎてもう自分じゃなく第三者に指示を出して守ろうとしたり、助けるために走り回ったり。完結編なのでもっと衝撃的な新事実が、ってなった方が面白かったけど、まぁ難しいんだろうな。 監督 ポール・グリーングラス 原作 …

「お熱いのがお好き」 1959

★★★☆☆ 初めてマリリン・モンローの出ている映画を観たんだけど、なんか違和感が半端なかった。出ている映画も見たことないくせに、マリリン・モンローの顔ははっきりと分かるって事は、それだけあのアンディ・ウォーホールの作品とかで見慣れてしまっている…

「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」 2009

★★★★☆ 観終わってよく考えると、結局どうだったんだって思うところばかりだけど、こうやって時間を遡って種明かししていく話は好き。これはそれなりにうまく出来てた。 監督/製作 トッド・フィリップス 出演 ブラッドレイ・クーパー/エド・ヘルムズ/ザッ…

「ボーン・スプレマシー」 2004

★★★★☆ 記憶喪失の中で戦うっていうのが良いとこだったのに、続編はどうなるかって思ってたけど、まだ記憶は失われたままだった。まぁ納得。 あんまりボーンらしくないんだけど、相手に実はここにいるんだよって、バラすシーンがいい。一気に緊張感が高まる感…

「ボーン・アイデンティティー」 2002

★★★★☆ 硬派な感じがいいし、とてつもなく強いのに記憶を失って、そんな強い自分のことがよく分からないっていう設定もいい。 あんまり男前だと美しい話になってしまうけど、マット・デイモンくらいだと泥臭くてちょうどいい。 監督/製作 ダグ・リーマン 原…

「ア・フュー・グッドメン」 1992

★★★★☆ 終わり方がいい。妙にリアリティのある判決、トム・クルーズとデミ・ムーアが出てるんで、どうせ恋愛からませてくるんだろ、って思わせておいての潔いエンディング。 監督/製作 ロブ・ライナー 出演 トム・クルーズ bookcites.hatenadiary.com デミ・…

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 2011

★★★★☆ 何でもない日常に突然起きたあの悲劇。あの事件のせいで大きく人生が変わってしまった人たちの気持ちが実感できた。 母親と子供が打ち解け、語るシーンで泣きそうになった。 監督 スティーブン・ダルドリー 原作 ものすごくうるさくて、ありえないほど…

「猿の惑星」 1968

★★★★☆ 猿と人間の戦いかと思っていたけど、皮肉の利いた映画だった。上手い展開。 あまりに有名な衝撃のラストはもちろん驚かなかった。 監督 フランクリン・J・シャフナー 原作 猿の惑星 (創元SF文庫) 作者: ピエール・ブール,大久保輝臣 出版社/メーカー: …

「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」 1997

★★★★☆ 思っていたよりは面白かった。アリシア・シルヴァーストーンが全然可愛くなくて萎えた。 監督 ジョエル・シュマッカー 出演 bookcites.hatenadiary.com クリス・オドネル/アリシア・シルヴァーストーン/アーノルド・シュワルツェネッガー bookcites.…

「昼下りの情事」 1957

★★★★☆ 恋愛に夢見る好奇心旺盛な女性が、そういった世界に足を踏み入れるってだけじゃなく、結構奥までいっちゃうところが欧米らしい。 しかしなかなか小粋な作品。ヘプバーンの父親が、娘の情事を知って怒るだけでもなくただただ見守るってところが大人。 …

「華氏451」 1966

★★★☆☆ 本のない世界。しかし、よく考えると実現はなかなか難しそう。例えば、書類関連は本になるのか、とか学校ではどうやって教えるのか、とかメモ書きは本とみなされるのかとか。当たり前に本がある世界ではそんなに本が重要か?とか思うけど、やっぱり重…

「ジョン・レノン, ニューヨーク」 2010

★★★★☆ ビートルズ後から40歳までの間に、これだけの出来事があるんだから濃い人生だ。レコーディング中の彼の生き生きした様子が、音声だけだがよく分かる。インタビューの受け答えも面白くて、頭のいい人だなって感じる。 ジョンがオノ・ヨーコを必要として…

「アンノウン」 2011

★★★★☆ 外国だと学者も強くてカッコいいんだなって、あきれていたんだけど、そういう事だったのか。なかなか楽しめた。 でもそうだとすると、事の発端となったスーツケースの置忘れが、あり得ないくらい初歩的なミスなんですけど。 監督 ジャウム・コレット=…

「マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔」 2010

★★★★☆ マイケル・ジャクソンにとっての日常はこれだったんだろうなと思うと、こんな中で正気を保っているのは尋常じゃない。そりゃ浮世離れもするわ。 しかし、この状況の中でファンに求められば気軽にサインもするし、出来る限り声援に応えようとするし、全…

「ゲットバック」 2012

★★★★☆ ニコラス・ケイジのスーパーぶりと、FBIの無能ぶりが際立つ映画。 8年間計画を練っていたと言っても、そんなATMでお金をおろしにいくような気軽さで強盗ができちゃダメなんじゃないの、とか、結局犯人は何がしたかったのかよく分からない、とかツッコ…

「センチメンタル・アドベンチャー」 1982

★★★☆☆ あのラストに持っていくには、もっとクリント・イーストウッド演じるミュージシャンを描くべきだったんじゃないかと。 監督/製作/出演 bookcites.hatenadiary.com 出演 カイル・イーストウッド/ジョン・マッキンタイア/ヴァーナ・ブルーム/ マッ…

「キル・ビル Vol.2」 2004

★★★☆☆ 前作の大勢を相手にしたハチャメチャぶりからしたら、大人しい印象。1と2を逆にしたらトータルで見たら満足度が高かったかも。無理だけど。 監督/脚本 bookcites.hatenadiary.com 出演 bookcites.hatenadiary.com デビッド・キャラダイン/ダリル・…

「キル・ビル Vol.1」 2003

★★★★☆ 映画を観ているって気がしていい。タランティーノにとっては自分の映画のクレジットに千葉真一とか載せられて、うれしかっただろうな。 監督/脚本/出演 bookcites.hatenadiary.com 出演 bookcites.hatenadiary.com 千葉真一 キル・ビル Vol.1 [DVD] …

「暗殺者」 1995

★★☆☆☆ アントニオ・バンデラス演じる暗殺者が小物に見えてしまう。あえてクレイジーぶるところとか。超一流はもっと冷静沈着じゃないと。 スタローンも冷静ではあるが、ターゲットを生かしてしまったりして、冷徹ではなくこちらも超一流には見えない。まあ冷…

「ザ・バンク 堕ちた巨像」 2009

★★★★☆ 世界を牛耳る巨大な組織。こんな組織が実際にあるのかは知らないが、こんな規模になってしまったら誰か一人が仕切っているわけではないんだろうな。一つの大きな有機体のようなもので、個々の思惑が絡み合って一つの大きな動きとなる。だから、誰を捕…