BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ラジオデイズ」 1998

ラジオデイズ

 

 昔の友人というのはなかなか難しい。共有していた時間は過去のもので、その後は互いに違う時間を過ごしている。その間の様々な経験がそれぞれを成長させ、もう昔の自分とは変わってしまっている。互いの共通点もきっと少なくなっているだろうし、そうなるとただ昔話に花を咲かせるしかなくなってくる。なので同窓会などで、数年に一度あって昔話をするくらいがちょうど良い。

 

 友人でさえそうなのにあまり友人とも言えない人間と数日を過ごさなくてはならないとなると、もうこれはかなりつらい。だから、もしそんなことになりそうになったら断固断るべきだね。心を鬼にして。

 

 ところでこの本のタイトル、どうしてラジオデイズなのかよく分からない。あまり、ラジオは出てこなかったような。

 

著者 鈴木清剛

 

ラジオデイズ

ラジオデイズ

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

広告を非表示にする