BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「カラマーゾフの兄弟」 1880

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

 

 -きっとそこらの作家なら1冊で余裕で書き終えられるミステリー小説。一人ひとりを丹念に描いていく。多分読み方としてはそれぞれの章を味わうのが正解なんだろうな。

 

 -正直宗教が前面に出ていると神様を信じない僕にとっては結構しんどかった。しかし、卑怯だよね、生まれたときから既にお前は罪を背負っているとか言うのは。マイナスからのスタート。いきなりしんどい。

 

 -五冊目のエピローグ別巻。本屋の棚で見ていたときはこれいるのか?って思ったけどあってよかった。本編で謎解きを楽しめて更に訳者の解説でよく分からなかった部分の謎解きを楽しめた。

 

 -また何年かしたら読み返してしまうような予感。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

 

カラマーゾフの兄弟 - Wikipedia

 

 

カラマーゾフの兄弟」に関連する作品
謎とき『カラマーゾフの兄弟』 (新潮選書)

謎とき『カラマーゾフの兄弟』 (新潮選書)

 

ドストエフスキーとカント―『カラマーゾフの兄弟』を読む

カラマーゾフの兄弟 [DVD]

カラマーゾフの兄弟 [DVD]

 

 映画化作品

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする