読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ジャージの二人」 2003

小説 ★5

ジャージの二人 (集英社文庫)

★★★★★

 

 煩わしい日常を生きてるとどっか遠くで一人でのんびり過ごしたいなーなんて時々思うけど、実際そんなことをやってみるとそんなにのんびりとリラックスなんか出来ないんだろうな。傍目にみればだらだらと何にもやってないように見えてもきっと頭の中ではいろいろ考えて忙しい。何でそれはそうであれはあれなんだ?とか、だからこれはこうなんだ。とか。

 

 普段気にならなかったことが気になりだしたり、分からなかったことが急に分かったり。遠くにいると元居た場所やそこに居た人たちについて深く考えたりもする。しまいには「あれ、何で今俺こんなことについて考えているんだ?」なんてどんどん深みにはまっていく。

 

 きっと得意げに忙しそうにしている人に限って何も考えていない。考えることを停止して誰かが決めた方針やどこかで作られた決め事に従っているだけだ。盲目的に神様を信じている人のようにきっと楽に生きることは出来るんだろうけど、そんな人たちに囲まれて日常を過ごしているとああどっか遠くで一人でのんびりすごしたいなーなんて思う。いろいろ考えながら。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

ジャージの二人 (集英社文庫)

ジャージの二人 (集英社文庫)

 

ジャージの二人 - Wikipedia

 

 

ジャージの二人」に関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

 映画化作品

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする