BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「サウスバウンド」 2005

サウスバウンド (講談社文庫)

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

 今どき元全共闘父親のお話なんてって思ったけどすごく魅力的で面白かった。

 

 この父親の魅力は何だと考えてみるとあらゆることに疑問を持ちその全てに自分なりの答えを持っているというところなんじゃないだろうか。だから迷いがない。世間にも時折、迷い無く物事を進めていく人間を見かけるが、彼らはそのやり方を選んだのではなく、それ以外の方法を知らないだけなんじゃないかと思わせる底の浅さを感じさせる。それはそうする事に決まっている、だからそうするというように。

 

 これは多かれ少なかれ誰にでもあることで、意味があるのかわからない道路を作るためだろうが、公務員の天下り先を潤すためだろうがおとなしく税金を納めることもそうだ。それを、何で税金を納めないといけないのか?それは国民の義務だから、じゃあ国民であることをやめる、もともと国民になった覚えはないし。って言っちゃうのはなんとも気持ちがいい。現実には通らないけど。でもそこまで考える人なら何らかのアクションも起こすし、その姿は迷いが無いだろう。

 

 後半、沖縄に移りそれまでただの駄目親父のようだった父親が精力的に動き出すところがなんともおかしかった。

 

サウスバウンド (講談社文庫)

サウスバウンド (講談社文庫)

 

 

広告を非表示にする