BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「さくらん」 2007

さくらん

 

 吉原遊郭を描いた作品。蜷川実花は写真家だけあって映像にはこだわりを感じた。色鮮やかな衣装や構図。でも、それだけ。

 

 とりあえずストーリがつまらなさ過ぎ。というかありきたり過ぎ。気鋭の女性スタッフが集結した、とか言ってるけどどうにも自己満足なだけというか。なんだかんだあっても、やっぱりずっと自分を見守ってくれる男がいいよね、みたいな女目線が多すぎて。遊郭お決まりの女同士の争いも迫力が足りないし、色事の描写も不十分。とにかくドロドロしたところが足りない。とりあえず、男はこれ見て面白いとは思わないと思う。女もどうかな。

 

 主役の土屋アンナもなんで人気遊女になったのかも見えないし。ただの柄の悪い女にしか見えない。基本的に役者のキャスティングもいまいち。木村佳乃って。女性が好感持ちそうな女優ばかり集められたような感がある。女性に好かれる女優ってセクシーさが足りないよね。オードリー・ヘプバーンとか。

 

 最後まで見てるのが疲れた。

 

監督 蜷川実花

 

脚本 タナダユキ

 

原作

さくらん (イブニングコミックス)

さくらん (イブニングコミックス)

 

 

出演 土屋アンナ / 安藤政信 / 木村佳乃 / 夏木マリ椎名桔平成宮寛貴菅野美穂永瀬正敏遠藤憲一石橋蓮司津田寛治長塚圭史SABU小栗旬

bookcites.hatenadiary.com

 

音楽 椎名林檎

 

さくらん

さくらん

 

さくらん - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

広告を非表示にする