BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「デスノート」 2006

DEATH NOTE デスノート

 

監督 金子修介

 

 名前を書き込んだ人物を死なすことが出来るノートを手に入れた男の話。

 

 初めは自らの正義感に基づいてノートを利用していたのに、いつの間にか「L」との頭脳戦のために利用するようになる。その迷いの無い切り替わり方には戸惑いを覚えながらもその「L」とのゲームの駆け引きにどんどん引き込まれてしまう。

 

 それにしても人の命が軽い映画だ。「L」への挑発のために死刑囚などがデスノートにより死んでいくが、もうその死は二人の勝負を決めるカードのひとつ、という感覚でしかない。命の重みはまったく感じない。人の死をそんな風に捉えてしまっている自分が少し怖くはなるが、そんなことより二人の勝負の行方が気になってしまう。

 

 いろいろとつっこみをいれようと思えば入れられる映画ではあるが続きが見たくなる面白い映画だった。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

瀬戸朝香 / 戸田恵梨香 / 中村獅童 / 津川雅彦

 

DEATH NOTE デスノート

DEATH NOTE デスノート

 

 

広告を非表示にする