BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「コンテナ物語 -世界を変えたのは「箱」の発明だった」 2007

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

 

著者 マルク・レビンソン

訳者 村井章子

 

 今や身近にあるもので純粋な日本製品なんてほとんどない。鮮度の重要な野菜や果物でさえ外国産であふれている。百円ショップで売られているものですらアジアなどの製品だ。

 

 世界中のどこか、人件費などのコストがもっともかからない場所で生産されて日本に運ばれてくる。それを可能にしたのがコンテナによる効率的な大量輸送だ。それまでネックとなっていた輸送費の全体に占める割合を大幅に縮小した。その歴史を紹介したのがこの本。

 

 コンテナが登場するまでは大勢の港湾労働者による人力によってすべてのものが船に積み込まれ、積み降ろされていた。コンテナの登場によりそれらの人々は港から去った。大量のコンテナを運ぶコンテナ船が停泊できない港は国際貿易の舞台から消えていった。コンテナの登場により大きく変わったロジスティックスの世界が興味深く描かれている。

 

 その他、大量の港湾関係の失業者の問題、コンテナの規格の問題などコンテナの登場により生まれた新たな問題への業界の対応も描かれていてなかなか面白かった。

 

 貿易関係の仕事や勉強している人にとってはかなりためになる内容だと思う。法律や手続き関係の知識だけでなく、国際ロジスティックスの主役であるコンテナの実際の動きを理解する手助けになる。

 

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

 

 

登場する著名人

マルコム・マクリーン