BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「あなたがここにいて欲しい」 2007

あなたがここにいて欲しい (角川文庫)

 

 田舎にはヤンキーとファンシーだけが残る、ってまさにその通り。ジャージ姿で町をうろついたりキャラクターのぬいぐるみを満載した車に乗ったり。有りか無しかかでいったら有り、っていう奴だけが田舎に残り、それが無しって人間は都会に出て行ってしまう。おまけにヤンキーとファンシーは出生率の低下が問題になっているとは思えないぐらい、子供作るの早いし。おかげで田舎はヤンキーとファンシーの拡大再生産でかなり勢いがある。

 

 ある意味過疎化に陥っている田舎なんかよりはいいのかもしれないけど、そこに文明はないからね。どうしようもないぐらい。その脳みそは飛んでいってしまわないための重石じゃないんだよ、引力があるんだから。少しは頭を使って考えろよ。って言いたくなるくらい。

 

 なんて思いつつここに登場するヤンキーの力強さ、たくましさはいい。やっぱり何でもいいけど本物じゃないと。

 

 この小説集に登場する主人公たちはみんな軟そうでいてしっかりと芯があって、こんな世界三大美徳をいつも心がけているような人間ばっかだったら田舎にも文明が栄えるのに、と。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

あなたがここにいて欲しい (角川文庫)
 

 

広告を非表示にする