BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「母べえ」 2008

母べえ

 

 安定感のある作品。吉永小百合の静かに力強く夫を想う気持ちが胸を打つ。

 

 戦争の悲惨な映像を見せるでもなく、説教がましく訴えかけるでもなく。それでも、何で戦争なんかするんだ、こんなに悲しいことばかりなのにってどうしようもなく切なくなってしまう。

 

 笑福亭鶴瓶のキャラクターも良かった。関西弁で無神経に言葉をしゃべるが言ってることは今聞けばすごいまとも。彼が山田洋次の戦争に対する考えを表現しているのだろうか。いろいろ我慢して、いろんなことを犠牲にしてまで戦争してなんになる、って。

 

 ユーモアさえも交えてこんな映画を撮れてしまう山田洋次はすごい。巨匠と呼ばれるだけのことはある。

 

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com

 

原作

母べえ

母べえ

 

 

出演 吉永小百合 / 坂東三津五郎

bookcites.hatenadiary.com

笑福亭鶴瓶檀れい志田未来佐藤未来笹野高史/でんでん/吹越満小林稔侍/倍賞千恵子戸田恵子大滝秀治

 

母べえ

母べえ

 

母べえ - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com