BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」 2007

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

 

 忙しいってすぐ言う奴って、たいがい仕事ができない。

 

 他のやり方をすれば5分で出来る仕事を面倒でミスの増えるやり方で一時間もかけてやってたりする。しかも、こういう人って自分のやり方が唯一絶対の正しいやり方で仕事をしているって思い込んでいるもんだから、他の人が仕事を効率的にこなし定時にさっさと帰ってしまうと、「あいつはぜんぜん仕事しない」とか見当違いな陰口をたたく。

 

 その陰口に耳を傾ける同僚も同様に残業をしている仕事の出来ない連中で、そういう人間達がグループになり、会社の中で一定の発言力を持ったりする。その発言力に影響されて会社も仕事の中身ではなく、残業時間で評価したりするものだから仕事の出来ない連中が出世してしまう。そして、それが部下に引き継がれ、と正に負のスパイラル。

 

 こんな事が繰り返されてるから日本の労働生産性は低いまま。サービス残業自慢が日本中で繰り広げられる。

 

 なので仕事をきっちりして定時に帰ると会社からの評価が上がるっていうのは違うんじゃないかと。そんな全うな評価してくれる会社なんて、日本にほぼ存在しないと思う。特に今の時代、ITの発達で昔とは仕事のやり方は全く変わってきているのに、それを理解する経営陣を持つ会社って実はそんなに無かったりするじゃないだろうか。未だに労働時間数が評価の基準。

 

 この著者のように年の半分をハワイで暮らす、みたいな自分の好きなライフスタイルで過ごすことにはもちろん憧れるけど、この本の中で言ってることは目標を達成するためにはそれ以外の事を切り捨てろって事で、だからまず目標を持たないといけない。あれもしたい、これもしたいと言ってるようじゃ駄目で、それがまず難しい。

 

 そして次に、著者は連続ドラマはハマりそうだから見ないと言ってるが、そういう優先順位は低いけどやりたいことを切り捨てられるか?ってこともある。それはいいのか?とも思う気持ちもある。

 

 ただ、時間効率を上げるためのさまざまな技術は役に立つものが多かった。それは極端だろって思うものもあるけど。とりあえず早起きしようと思った。 

 

著者 本田 直之

 

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com