BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「生きるコント」 2008

生きるコント (文春文庫)

 

 大宮エリー。名前は聞いたことあるが、実際何をやっている人かは正直良くわからない。けど、この本は面白かった。

 

 最初のリオのカーニバルの話なんてホントかよ、と。事件が起きててもおかしくない。でも、実際そうそう事件なんて起こらないのかも。

 

 母親とのいくつかのエピソードも面白い。イタリア旅行の話は声を出して笑ってしまった。何なんだろう、こんな面白い話の数々。本人の人柄が引き寄せるものなんだろうけど。

 

 素直で正直で真っ直ぐで、負けず嫌いで前向きで、でもどこか抜けてる。面白い。

 

著者 大宮エリー

 

生きるコント (文春文庫)

生きるコント (文春文庫)

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

 

広告を非表示にする