BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ブラザーフッド」 2004

ブラザーフッド (字幕版)

 

 タイタニック風の始まり。それにしても戦争映画はどんどん描写が過激になっていく。これで戦争がなくなればいいのかもしれないけど。

 

 民間人騙して戦争連れて行くのはひどい。赤紙的なもので無理やり徴兵するほうがまだましだ。

 

 最初はチャン・ドンゴンの表情に乏しい鈍い感じの顔がどうかなって思っていたけど、後半ラスト近くは逆にそれが凄みになっていた。

 

 朝鮮戦争って正直あまり知らないけど、同じ民族同士で殺し合う事の悲惨さが良くわかる。見た目も同じで、言葉も通じる。なのに殺し合う。寝返っても、味方を殺しても大差がないように感じてしまう。当事者達の感覚がおかしくなるのもわからないでもない。いったい何のために戦っているのか。

 

 映画だからあれだけど、昔の日本軍のように神国日本のために、といったような悲壮感もなく、兵士達もどこか投げやりな雰囲気があるのもそのせいかもしれない。国民性の違いなのかもしれないが。

 

 単純に英雄の活躍する戦争映画でも、感動の押し売り的な映画でもなく、なかなか深みのある戦争映画。

 

 ただ、チャン・ドンゴンウォンビンの兄弟はランボーばりに強すぎたけどね。

 

監督 カン・ジェギュ

 

出演 チャン・ドンゴン / ウォンビン / イ・ウンジュ / チェ・ミンシク / キム・スロ

 

ブラザーフッド (字幕版)
 

ブラザーフッド (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする