BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「集団左遷」 1994

集団左遷 [DVD]

 

監督 梶間俊一

 

 なんで日本のサラリーマンてこんなに悲しく映るんだろ。 リストラ目的の左遷とわかっていても必死に働く。悲しき性だな。

 

 いい意味でも悪い意味でも勤勉。頑張ったところで給料なんて上がらないし、会社のために働いても景気が悪けりゃリストラの対象。景気が良かったときにそれなりの報酬があればいいけどいい思いをするのは会社だけ。

 

 まぁ会社のために喜んで働くんだから、会社のためにリストラされても喜んで受け入れれば大したものだけど。

 

 この映画が2002年の作品でこの時から現在は何が変わっているんだろう。企業が早期希望退職者を募るとその定員をオーバーするくらいの希望者が集まるって話を良く聞くようになった気がする。この映画の中の社員のように必死に抵抗するのではなく、物分りが良くなってしまったような。それだけ、嫌々働いている人が多いのかもしれない。

 

出演 柴田恭兵 / 中村敦夫 / 津川雅彦 / 高島礼子

 

集団左遷 [DVD]

集団左遷 [DVD]

 

 

広告を非表示にする