BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「U-900」 2008

U-900 [DVD]

 

 ドイツも日本同様、戦争に負けた国なので近代戦争映画を作るのは難しい。特にアクション映画としての戦争は。ただし、最近じゃそういった映画はハリウッドですら作らないけど。リアルな戦争を描くのが近頃の傾向。

 

 そういった中でこのコメディー映画。オースティン・パワーズを思わせるようなノリ。日本人には伝わらない感じの。とは言え潜水艦映画だからかそれなりに楽しめた。

 

 ただ、男ばかりでむさ苦しくなるからなのか、女優を一人潜水艦に搭乗させているのだが、その設定をうまく使いこなせてなくてなんだかもったいない感じがした。男ばかりの中に女一人、なんだから、それでもっと笑いを生み出せただろうに。

 

 ラストはアメリカに降伏。戦争に負けた国だからね。こういうエンディングじゃないと敏感な人達が批判するんだろうね。

 

監督 スヴェン・ウンターヴァルト・Jr

 

出演  アツェ・シュローダー / イボンヌ・カッターフェルト / オリヴァー・ヴヌク / ユルゲン・ショルナゲル / ゲッツ・オットー / クリスティアン・カールマン / マキシム・メーメット

 

U-900 [DVD]

U-900 [DVD]

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

  

広告を非表示にする