読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「Dangerously in Love」 2003

音楽

Dangerously in Love

 

 ソロデビューアルバムだが、ディスティニーズチャイルドの一員として既に有名だったビヨンセ。満を持してのソロアルバム、アルバムジャケットのイメージそのままに、勢いのある仕上がりかと思ったが、意外におとなしい。

 

 おとなしいというよりも、「私はちゃんといろんなことが出来るのよ」とアピールしているかのよう。みんなの喜びそうな曲ばかり並べてヒットを狙う、浮かれた人気歌手ではなく、ソロアーティストとして地に足つけてやっていく、という態度が表れている。

 

 このアルバムが出るまでのソロ活動の曲(16曲目,17曲目)もボーナストラックに収められお得感のある一枚。

 

Beyonce

 

Dangerously in Love

Dangerously in Love

 

デンジャラスリィ・イン・ラヴ - Wikipedia

 

1. Crazy In Love (Featuring Jay-Z)

2. Naughty Girl

3. Baby Boy (Featuring Sean Paul)

4. Hip Hop Star (Featuring Big Boi and Sleepy Brown)

5. Be With You

6. Me, Myself and I

7. Yes

8. Signs (Featuring Missy Elliott)

9. Speechless

10. That's How You Like It (Featuring Jay-Z)

11. The Closer I Get To You (Duet with Luther Vandross)

12. Dangerously In Love 2

13. Beyonce Interlude

14. Gift From Virgo

15. What's It Gonna Be

16. '03 Bonnie & Clyde (Jay-Z featuring Beyoncé)

17. Work It Out

18. Daddy (hidden track)

 

 

bookcites.hatenadiary.com 

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする