BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「プロデューサーズ」 2005

プロデューサーズ (字幕版)

 

監督 スーザン・ストローマン

 

 変な顔したり、変な動きしたり、変な声出したり、変なキャラクター登場させたり、なんだか小学生がふざけているみたいだ。

 

 特に最初の一時間はつらかった。密室でのおっさん二人の悪ふざけを延々見させられてものすごい忍耐を要した。ユマ・サーマンが出てきた時は天使かと思った。救われた感がハンパなかった。

 

 といっても、ユマ・サーマンに見せ場はあまり無く、基本的にはおっさん二人のベタな悪ふざけが中心で本当に勘弁して欲しかった。ストーリーもあっさりしていて正直何が面白いのか、全然分からない。

 

 ミュージカルとしては、会計事務所でのシーンがいい感じだったがそれだけ。

 

 全然関係無いけど何故か、志村けんがコントとかやるときに若い女性タレントを多用する理由が分かったような気がした。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ネイサン・レイン / マシュー・ブロデリック

 

 

プロデューサーズ」に関連する作品

 オリジナル

広告を非表示にする