BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「クローサー」 2004

クローサー (字幕版)

 

監督/製作 マイク・ニコルズ

 

 豪華な4人の競演。そして、ほぼこの4人の出演者のみで展開される。

 

 出会いのシーンの次のシーンが一年後だったりと時間の流れが断片的で、互いの雰囲気やそれぞれの表情の変化がその描かれなかった時間を物語る。ただ、あれから一年でそのあとまた一年だから何年になるんだ?みたいなちょっとした混乱は生じたが。

 

 クライブ・オーウェン演じる医者が全ておいしいところを持っていった印象。ジュリア・ロバーツはただ流される女で、ジョード・ロウは子供だった。ナタリー・ポートマンは自立した女で。

 

 ナタリー・ポートマンはストリッパーでなかなかエロい演技を見せていて良かった。しかし、彼女も大人になった。ちょっと前まで全然子供で植木鉢持って泣きながら歩いてたのに・・、みたいなたまに会う親戚のおじさんみたいなことが言いたくなる。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

ナタリー・ポートマンクライヴ・オーウェン

 

クローサー (字幕版)

クローサー (字幕版)

 

クローサー (2004年の映画) - Wikipedia

広告を非表示にする