BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「軽蔑」 1963

軽蔑 [DVD]

 

 つくづくフランス人はめんどくさい。愛が冷めただの分かっていないだの、延々と具体性に欠ける抽象的な言葉を繰り返す。日本人はこういうことに淡白だといわれるけど、こんな会話を要求されても結構しんどい。なんかこう一言で済みそうなことを、詩的表現のような言葉でこねくり回すのは。愛を語るには忍耐が必要なようだ。

 

 でも、ブリジット・バルドーみたいな美しい女性がこんな風に語っているのは、なぜか許せてしまうところもあってとても魅力的だ。相手が美人なら何でも良いって事だが。

 

 時折、面白いカメラの動きとか、ニクい展開とかあっておっ?て思わせるが、ストーリー自体は分かりづらい。下手すると眠くなってしまうかもしれない。けど、深夜とかにテレビでやっていたら、なんとなく最後まで見てしまいそうなそんな映画。

 

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 ミシェル・ピッコリ / ジャック・パランス / フリッツ・ラング / ブリジット・バルドー

 

軽蔑 [DVD]

軽蔑 [DVD]

 

軽蔑 (1963年の映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

 

広告を非表示にする