読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「燃えよドラゴン」 1973

燃えよドラゴン ディレクターズカット (字幕版)

 

 散々のちにパロディーされたり、物まねされている映画をこうして見てみると、ヌンチャクを使うシーンって少ないんだ、とか、やっぱりブルース・リーはなんか変だ、とか意外な感じのすることが多い。前編ヌンチャク使いまくっていたんだろうな、とか、みんな面白おかしくモノマネしてるけど、実際映画の中で見たら違和感ないんでしょ、とかいう予想は裏切られた。それだけ当時はインパクトがあったのだと思う。

 

 そう考えるとリアルタイムってことは重要だ。色々予備知識があって見るのと、何の予備知識もなく見るのは全然違う。いきなり見てインパクトあったんだろうな、と言うんじゃなくて、ものすごいインパクトあったんだよ、と実体験として語れる方がいいな。今の時代、なかなか難しいことだけど。

 

 香港・アメリカ合作で世界で公開することもあってか、ブルース・リー以外の登場人物もバックグラウンドを描いたりしているが、そんな必要を感じないくらいブルース・リーの映画。最初のほうで、もうこの中で一番強いのはブルース・リーだなと誰でも分かるんじゃないだろうか。誰も勝てないな、と。もう、一人だけキレが全然違う。

 

 あの鏡の間での対決、本来ならそれを作って誘い込んだほうが有利になるはずなのに、全然プラスにならずに、自分も戸惑ってるのは意味なくね?って思ったり。ストーリーもたいしたことないんだけど、でもブルース・リー見てるだけで全然楽しかった。

 

監督 ロバート・クローズ

 

出演 ブルース・リー / ジョン・サクソン / アーナ・カプリ

 

燃えよドラゴン - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする