BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「アガサ 愛の失踪事件」 1979

アガサ/愛の失踪事件 [DVD]

★★★★☆

 

 実際に起こった、アガサ・クリスティーの失踪事件を題材とした映画。

 

 あまり人前に出ることなく、そしてマスメディアの発達していなかった時代だからこそ、彼女の失踪は成り立ったともいえる。きっと今なら初日に目撃情報が殺到して、電車降りたら発見されただろうなぁ、と。

 

 夫が他に女を作って離婚を迫られて、普通ならその女を排除しようとするだろうと思っていたので、あのアガサの取った行動は驚いた。そっちもあるのかと。確かにそっちのほうが女は苦しむだろうし、夫も苦しむ。さすが稀代の推理小説家。

 

 アガサの憂鬱とイギリスらしい陰気な映像が、とても雰囲気があっていた。そして、そんな雰囲気の中で一人自信満々なダスティ・ホフマン演じるアメリカ人記者。その根拠は何ってくらいに。きっとイギリスの人間にとってはこんな風にアメリカ人は映っているんだろうな。

 

監督 マイケル・アプテッド

 

出演 

bookcites.hatenadiary.com

ヴァネッサ・レッドグレーブ / ティモシー・ダルトン

 

アガサ/愛の失踪事件 [DVD]

アガサ/愛の失踪事件 [DVD]

 

アガサ 愛の失踪事件 - Wikipedia

 

登場する人物

アガサ・クリスティー

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする