BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「マッチポイント」 2005

マッチポイント (字幕版)

★★★★☆

 

監督・脚本

bookcites.hatenadiary.com

 

 とりあえずスカーレット・ヨハンソンが魅力的。彼女を見るだけでも価値がある。そして、それだけではなく映画の内容も意味深で見応えがある。

 

 金持ちの彼女と結婚し、その彼女のコネクションでいい生活を手にいれた男にとっては彼女との結婚生活を維持するのはそれは当然のことなんだろうなぁ。自分でもそうする。例え本当に好きな女性が現れたとしても。

 

 離婚を約束しながらもなかなかそれを実行しない男に苛立ち、口うるさくなっていくトーレ・ヨハンソンがリアル。浮気なんかするとこうやって泥沼に沈んでいく。

 

 そしてその結末。映画の序盤で主人公がドストエフスキーの「罪と罰」を読んでいたのが脳裏をよぎった。主人公の傲慢ともいえる言い訳が印象的。

 

 冒頭で「運」について語られ、セリフの中でも運がいい、悪いという言葉が何度も登場する。人はほんの少しの運で人生は決まっていく、そんな思いにさせられる映画だ。

 

出演 ジョナサン・リース・マイヤーズ / スカーレット・ヨハンソン / エミリー・モーティマー

 

マッチポイント (字幕版)
 

 

登場する作品
罪と罰〈上〉 (新潮文庫)

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)

 

 

登場する著名人

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする