BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「のぼうの城」 2007

のぼうの城 上 (小学館文庫)

★★★★☆

 

 豊臣秀吉小田原征伐の際、小田原城が落ちるまで陥落せず、豊臣方と戦った支城、忍城の物語。

 

 小田原征伐豊臣秀吉の天下統一の最後の大戦で、しかも始まる前から既に勝負は決していたようなもの、ぐらいの知識しかなかったので、この忍城の話は初めて知った。

 

 とにかく忍城方の登場人物たちが魅力的。バランスも取れている。豪快で武術に長けた剛の者、若く兵法に自信を持つ柔の者、その中間の、武にも智にも長けた優等生タイプの人間、そして、それをまとめる何を考えているか分からない総大将。それぞれに見せ場があり、大軍を退けていく。

 

 相手方の石田三成たちもいい。こちらも正直、関が原の戦いの時いたなぁぐらいしか知らなかった武将たちだが、今ではそれぞれのキャラクターが名前とともにイメージできるくらいになった。特に石田三成の潔い負けの認め方は、忍城側寄りの心情になっていても憎めない。

 

 この物語の中心の総大将、のぼう様は結局何をやったんだって気にもなるが、リーダーというもの、これぐらいでなければいけないのかなぁ、なんて思ったりもした。下手に部下のバランスを取ろうとして逆に軋轢を生むよりも。それを明かすと物語としては面白味がなくなるかもしれないが、彼の実際の心の内や真意はどうだったんだろうと知りたくもあった。

 

著者 和田竜

 

のぼうの城 上 (小学館文庫)

のぼうの城 上 (小学館文庫)

 

のぼうの城 - Wikipedia

 

 

登場する人物

成田長親 / 豊臣秀吉 / 石田三成 / 大谷吉継 / 長束正家

 

関連する作品 

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする