読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「愛と追憶の日々」 1983

洋画 映画 ★2

愛と追憶の日々 (字幕版)

★★☆☆☆

 

 今も世界のどこかの片隅で繰り広げられていそうな物語。

 

 初めは娘が一気に年を重ねるのでついていけなかった。前半は駄目な母親としっかりした娘という展開で、次第に娘が母親を疎ましく感じているような印象。物語が進んでいくうちに、ああこれは母と娘の物語なんだな、と気づく。

 

 若くして結婚して子供が生まれ、気づくと旦那が浮気していて夫婦喧嘩して、結局自分も浮気をしてしまう。子供はそれを見てひねくれて。なんだかどこにでもありそうな風景で。だけど、みんなそれぞれの人生を精一杯生きている。

 

 宇宙飛行士のジャック・ニコルソンの存在が、そんなお話にスパイスとなって利いている。どこか常人離れした雰囲気で、だけどまともな人間でありたいと思っている。

 

 後半はあまり個人的には好きじゃない展開。確かにこういうことって人の人生にあり得ることだけど、なんだか冷める。ずるい。

 

 人の一生を淡々とエピソードだけをかいつまんで描いている様な、なんだか中心のない映画。

 

監督/脚本/製作 ジェームズ・L・ブルックス

  

出演 シャーリー・マクレーン / デブラ・ウィンガー

bookcites.hatenadiary.com

ジョン・リスゴー

 

愛と追憶の日々 (字幕版)
 

愛と追憶の日々 - Wikipedia

 

 

関連する作品
夕べの星 [DVD]

夕べの星 [DVD]

 

 

広告を非表示にする