BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「デュエリスト/決闘者」 1977

デュエリスト-決闘者- スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

★★★☆☆

 

 ふとした事がきっかけで始まった二人の男の決闘の歴史。

 

 ナポレオン政権下のフランス。軍人たちが三つ網のおさげなのがかわいい。あれはどういう理由でそうなったんだろう。ただ時代が進むにつれて普通の長髪になったが。

 

 ハーヴェイ・カイテルに因縁つけられ執拗に決闘を挑まれるキース・キャラダインはたまったものじゃない。もうほとんどストーカー。だけど「誇り」をかけてそれに応えるキャラダインもなんだか。どっちもどっち。ある意味お似合い。「誇り」って面倒くさい概念だ。

 

 ロシア侵攻の際、二人は互いに絶体絶命の状況を脱するが、こういうことがあると並の映画だと仲良くなったりするもんだけど。嫌いな奴に助けられるのすら腹が立つって事か。

 

 最後の闘いに敗れて小高い丘の上でハーヴェイ・カイテルが佇むラストシーンは美しい。雲の隙間から差し込む太陽の光とじっと遠くを見つめるハーヴェイ・カイテル。彼の感情を読み取りにくいあの表情が逆に深い余韻を与える。

 

 二人の決闘を描いてるいるだけなのにナポレオン時代の歴史まで雰囲気で描いているのはうまいなと。

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

  

出演 キース・キャラダイン / ハーヴェイ・カイテル / エドワード・フォックス / クリスティナ・レインズ

 

デュエリスト-決闘者- スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

デュエリスト-決闘者- スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 

デュエリスト/決闘者 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com