BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「さよなら渓谷」 2008

さよなら渓谷 (新潮文庫)

★★★☆☆

 

 容疑者の女の隣に住む、なんとなく違和感を覚える男女の関係が次第に明らかになっていく。

 

 確かに最初はこの容疑者との関係に気を取られていたが、事実が明らかになる前になんとなく分かってしまった。話の持っていき方からすると、著者自身はこの種明かし自体で読者を驚かせようとしていたとは感じないけど、やっぱりここは驚きたかった。その上でもっと深い話へ突入していったら印象は違ったかもしれない。これがクライマックスじゃないよねと少し疑心暗鬼になって、その先の話に集中できなかった。

 

 ただ、やっぱりこういう事件の被害者は悲惨だな、と。もし自分の周りにこういった被害者がいたらどういう態度をとってしまうのか全然想像出来ない。どんな態度をとればいいのかも分からない。男は心のどっかで加害者を理解しているというのもなんとなく分かるようで、それはそれでゾッとする。

 

 関係ないけど、文庫版の解説の中身がウザい。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

さよなら渓谷 (新潮文庫)

さよなら渓谷 (新潮文庫)

 

さよなら渓谷 - Wikipedia

 

登場する作品

 

関連する作品
さよなら渓谷

さよなら渓谷

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

 

広告を非表示にする