BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「美女と竹林」 2008

美女と竹林 (光文社文庫)

★★★☆☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

 荒れた竹林を整備することを夢見るエッセー。

 

 竹林を整備するという普通に書けば全然面白くなりそうもない話を、筆者得意の妄想と詭弁で面白おかしく綴っている。こういうエッセーもありなんだととても新鮮。

 

 もうどこまでが本当なのか分からない。ほとんど竹林にすら行かずに竹林事業に成功した際のスピーチ原稿を書いちゃったり、本上まなみについて語ったりやりたい放題。

 

 ところで森見登美彦って小説書くだけじゃなくて普通に仕事もしてるんだね。今はどうか分からないけど。そういう情報を知るって事はやっぱりエッセーだな。

 

美女と竹林 (光文社文庫)

美女と竹林 (光文社文庫)

 

美女と竹林 - Wikipedia

広告を非表示にする