BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「Abbey Road」 1969

Abbey Road (Dig)

★★★★☆

   

 アルバムのジャケがあまりにも有名な、実質的にビートルズ最後のアルバム。このジャケのまねをした写真が世界中に何枚あることか。

 

 1曲目の「Come Together」でつかみはオッケイといったところ。そして、後半(B面)のメドレーが素晴らしい。

 

 昔はレコード引っ繰り返して聞いていたんだよね。今はパソコン一つで延々曲を流していられる。便利な世の中だ。だけど「レコードの針が擦り切れるほど」って表現がぴったりくるような聴き方をすることは無くなってしまった。1曲が終わると勝手に頭の中でアルバムの次の曲が流れてしまうような。

 

 個人的には4曲目のシンプルにソウルフルに歌い上げる「Oh! Darling」が好き。

 

bookcites.hatenadiary.com

 

Abbey Road (Dig)

Abbey Road (Dig)

 

アビイ・ロード - Wikipedia

 

1.Come Together

2.Something

3.Maxwell's Silver Hammer

4.Oh! Darling

5.Octopus's Garden

6.I Want You (She's So Heavy)

7.Here Comes the Sun

8.Because

9.You Never Give Me Your Money

10.Sun King

11.Mean Mr. Mustard

12.Polythene Pam

13.She Came in Through the Bathroom Window

14.Golden Slumbers

15.Carry That Weight

16.End

17.Her Majesty

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

 

広告を非表示にする