BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ターナー&フーチ すてきな相棒」 1989

ターナー&フーチ すてきな相棒 [DVD]

★★★☆☆

 

監督 ロジャー・スポティスウッド

 

 平和な街で起こった殺人事件。検察官と被害者の飼い犬がコンビを組んで犯人を追い詰める。

 

 いわゆる動物ものだけどこんな小汚い犬を使うなんてなかなか度胸がある。特にあのとめどなく流れるよだれは凄い。ひく。テレビで流したらきっと苦情殺到するレベル。

 

 トム・ハンクスはよく観察すればただ突然大声出す人ってだけで、単純なんだけど面白い。犬との絡みも笑えた。犯罪捜査なんてやったことないけどそれでもがんばる姿が微笑ましい。

 

 何度も顔を合わせていた被害者が殺されたことに対するリアクションがほとんどない事とか、真犯人が誰か早い段階で分かっちゃう感じとか気になる事はたくさんあるけどそれは言っちゃ駄目なんだろうな。なんせ犬と検察官がコンビを組んで犯人捕まえちゃう映画だから。

 

出演 トム・ハンクス / メア・ウィニングハム / クレイグ・T・ネルソン

 

ターナー&フーチ すてきな相棒 [DVD]

ターナー&フーチ すてきな相棒 [DVD]