BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「小銭をかぞえる」 2008

小銭をかぞえる (文春文庫)

★★★★☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

 なんだろうなぁこの面白さ。日常言いたくても言えないような事をこの小説の主人公は言ってくれるからだろうか。そして、でもそれを言ったら面倒くさい事になるなって思っていることがやっぱり起こるからだろうか。その後後悔するんだろうなって思ってるとそのとおり後悔してるからか。

 

 人間の嫌な部分が剥き出しで嫌な気分になりそうだけど、でも何故か読む手が止まらない。なぜだかよく分からないけど。

 

 そして、怒り狂ったりしながらもちゃんと自分の感情を冷静に分析しているのも凄いなと。だけど、この部分がなかったらただの乱暴な中身のない小説にきっとなってしまうのだろう。

 

 物語の設定は著者の他の作品とほぼ同じと言ってしまっていいのかもしれないけど、全然読めてしまう。あれだけじゃなくてこんなこともあったのかと。

 

小銭をかぞえる (文春文庫)

小銭をかぞえる (文春文庫)

 

 

広告を非表示にする