BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「僕の好きな人が、よく眠れますように」 2008

僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)

★★★★☆

 

 主人公の所属する大学の研究室に北海道から来た女性が加わって。

 

 一言で言ってしまえば不倫の話になるのだが、そういった話にありがちなどこか後ろめたいような雰囲気があまりなく、そう言ってしまうのがなんだか間違っているような気すらする。それはきっと主人公が彼女のことしか気にしてないからなんだろうな、と。そのだんなに対して何かしようという気がないからだろう。自分勝手、よく言えば純粋。

 

 でも不倫の話はどの立場をとるかで捉え方は変わってしまうだろう。だんなの立場に立つか、主人公の立場に立つか。それとも彼女の立場に立つか。まぁだんなの立場が一番嫌だが。

 

 この小説がじっとりとした話になっていないのは、主人公達の会話が面白いからだろうな。そのやり取りが微笑ましい。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

  

僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)

僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com