BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「北極のナヌー」 2007

北極のナヌー(字幕版)

★★★★☆

 

 シロクマとセイウチの子供の成長を追ったドキュメンタリー。

 

 何よりも映像が美しい。一面氷の世界の北極が、様々な表情を見せる。それだけでじっと見ていられる。音楽も効果的に取り入れられていて、飽きさせない。

 

 北極ではあまり外敵がいなさそうなシロクマだが、子供を連れたメスにとっての最大の敵はオスのシロクマだったり、ほとんど腹を減らして常に獲物を探し回っているとか、意外な事実が。それだけ極北の地での生活は厳しいのだなと。

 

 しかし、そこまでして北極の地にこだわるのは何でなんだろうと、不思議に思ってしまう。いざとなれば結構遠くまで泳げてしまうのに。人間もそうだけど生まれた土地に固執してしまうのだろうか?

 

 「アース」もそうだったけど、結局最後は地球温暖化の話を持ってくるのね。そういう説教臭い事されると冷める。

 

監督 アダム・ラヴェッチ / サラ・ロバートソン

 

北極のナヌー(字幕版)
 

北極のナヌー - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする