BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「大停電の夜に」 2005

大停電の夜に

★★★☆☆

 

監督 源孝志

 

 停電の一夜に繰り広げられる人生模様。製作されたときには想像していなかっただろう事態の今、これを見ると余計な事が色々浮かんでしまう。

 

 今や節電、節電とみんなが口にしているけど、いったい誰のための節電なんだろう。電力に限界が来て停電になったとしても、この映画みたいに停電だからこそ起こる出来事もあるわけだし。それに、ブレーカーが落ちたら家庭内を見回して不要な電気を使用していないか点検するように、停電させてから各自が点検して学んでいくっていうのでもいいんじゃないか、って思うけど。そのほうが日本の電力政策についてそれぞれが考えるんじゃないだろうか。

 

 電力がなくなるかもしれないって必要以上に我慢したりするのって精神的に良くない。それよりはこれ以上使っちゃ駄目ってレベルをそれぞれが知ることのほうが大事なような気がする。

 

 大企業は休日をずらして社会貢献しています、って顔してるけど、その裏では週七日営業せざるを得ない中小企業もあるわけで。週5日より週7日仕事をしたほうがそりゃ捗るけど、それで味を占められていつの間にかそれが普通になっていたりしたらますます生活は息苦しくなる。エコ運動にも通じるものがあるけど、震災や電力不足を各自の色々な思惑に利用するのは勘弁してもらいたい。

 

 などと考えてあんまり集中できずに観た訳だが、映像が美しくそれだけで心地よく観ていられた。たくさんの登場人物の関係を頭の中で整理しなくてはいけないのが大変だったが、訳が分からなくなるほどこんがらかってはいない。ただ、あれだけ色々な物語が展開されたのにそんな終わり方?ってエンディングだったけど。

 

出演 豊川悦司 / 田口トモロヲ / 原田知世 / 吉川晃司 / 寺島しのぶ / 井川遥 / 阿部力 / 本郷奏多 / 香椎由宇 / 田畑智子 / 淡島千景 / 宇津井健

 

大停電の夜に

大停電の夜に

 

 

広告を非表示にする