BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「パコと魔法の絵本」 2008

パコと魔法の絵本

★★★★☆

 

監督 中島哲也 

 

 記憶に障害を持つ女の子と大金持ちの偏屈な老人の物語。

 

 細かいギャグや大げさな演出を散りばめたアクの強い作品だが、いい作品。正攻法で撮ってもきっといい作品になるが、ちょっとそれでは逆にストーリーのあざとさが目立ってしまうので、アクの強さでそれを薄めているという印象。

 

 結構豪華な出演者。正直、妻夫木聡を認識するのに時間を要した。そんな出演者の中で小池栄子のはじけっぷりがなかなか良かった。迷いがない。

 

 映画の中で劇をやるのだが、それも単純にやるのではなくいかにも素人がやるような完成されていない感じの劇にして、つい現実に戻ってしまったり、ちゃちゃを入れてしまったりする感じが面白い。それでも成立するっていう。

 

 ラストへの伏線を散りばめつつも、別方向に観ている者をミスリードして、結果意外な結末にしてしまうところがうまいな、と。

 

 それから、土屋アンナ。正直、大根だと思うけど使いようなんだなと理解した。そういう意味ではこの作品・「下妻物語」とこの監督は彼女の使い方をよく分かっている。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

アヤカ・ウィルソン / 妻夫木聡 / 土屋アンナ / 阿部サダヲ / 加瀬亮 / 小池栄子 / 劇団ひとり / 山内圭哉 / 國村隼 / 上川隆也

 

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本

 

 

登場する作品
いつもわがままガマおうじ (ヨシモトブックス)

いつもわがままガマおうじ (ヨシモトブックス)

 

 

広告を非表示にする