BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「やじきた道中 てれすこ」 2007

やじきた道中 てれすこ [DVD]

★★★☆☆

 

 東海道中膝栗毛弥次さん喜多さん、そして足抜けした花魁を加えた3人の珍道中。

 

 モノクロでやっても違和感の無い映画。いい意味で。安定感があるというか、安心して観ていられる。

 

 まずは小泉今日子がいい。肝の据わったいい女を好演している。愛嬌もあるし。峰不二子のように悪いことをしても憎めない。この人はずっとこのままなんだろうな。いい歳の取りかたをしている。 中村勘三郎もいかにも下町の江戸っ子といった風情で違和感が無く映画に良く馴染んでいる。

 

 色々なエピソードが散りばめられていてなかなか面白かったのだが話の終わり方が中途半端な印象を受ける。股旅ものというのかロードムービーというのかその要素があるわけだから、旅の途中でエンディングを迎えてしまうとなんだかすっきりしない。旅の終点まで行って欲しかった。もしかしたら続編作る気でいたのか?それとも、その先のエピソード、落語を基にしているみたいだから江戸や大阪から離れすぎるとあまり無かったのかもしれないが。

 

監督 平山秀幸

 

出演 中村勘三郎

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

やじきた道中 てれすこ [DVD]

やじきた道中 てれすこ [DVD]

 

やじきた道中 てれすこ - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com