BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「沈まぬ太陽」 2009

沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]

★★★★☆

 

監督 若松節朗

 

 労働者代表として労使交渉で成果を収めた会社員が報復人事にあいながらも自分の信念を貫く。

 

 渡辺謙はじめ役者も揃って重厚な作品となっている。しかしよく分からないのが優秀な社員を飼い殺すこと。たかだか一筆書かないだけで。もちろん会社のためではなくて上層部がその立場を脅かされることを恐れてなんだけど、そんなちっちゃい人間が何でトップに立てるんだろ。しかも、僻地勤務させるとか意味が分からないな。本当ならそういうところこそ力を入れて開拓していかなくちゃいけない場所のはずなのに。それを会社が左遷先と捉えている所が駄目。

 

 彼を助けようとする人もいるけど結局自分の立場に危険が及ぶと保身に走り見捨ててしまう。自分に関係なければ聖人君子になれるけど自分を犠牲にしてまでそうすることは出来ない。ものすごいリアリティはあるのだけど醜いことだ。

 

 渡辺謙も何でそこまで今の会社にこだわるのか分からない。そういう仕事しか任されないのにそれを黙々とこなすのが美学ではあるのかもしれないけど、さっさと辞めてしまった方が世のためになると思うけど。優秀な人間は良い会社に集まり、だめな会社はどんどん潰れていかないと。そうすればまた新しい会社が興る余地ができてその会社がいい会社になる可能性もあり、それを繰り返せば良い会社が増えていくのに。世の中の駄目な会社ってほとんどこうやって頑張ってしまう社員のおかげで維持できている。これはそういったプロパガンダ映画なのか?、と疑りたくもなる。

 

 重厚感があり見応えはあるのだけれど、一人の男が信念を貫く物語というよりも、日本の会社は狂ってるって事を伝えるお話にしか思えなかった。

 

原作

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

三浦友和 / 松雪泰子 / 鈴木京香 / 石坂浩二 / 戸田恵梨香 / 香川照之

 

沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]

沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]

 

 

広告を非表示にする