BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「モダンタイムス」 2008

モダンタイムス(上) (講談社文庫)

★★★☆☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

  

 あるキーワードを組み合わせて検索した者に危害が加えられることに気付いたシステムエンジニアがその真相を探る。

 

 ゴールデンスランバーと同じように今回も敵はでかすぎて見えない。でかいように見えて実はいないのかもしれない。そういう相手。確かに世の中分かりやすい悪もあるけど、誰が悪いのか分からない悪もたくさんある。

 

 悪の根源にたどり着こうとしても、それに関わる誰もがそういうことになってるからそうしただけ、と答えてしまうような。そういったシステム。きっと誰かが意図的に作り上げたのではなく、いつの間にか出来上がったシステム。もしかしたらその過程をじっくり観察してみたら人々の良かれと思ったやったことの積み重ねでそうなったのかもしれない。そしてそのシステムが人々を苦しめている。こういう時ってどうやったら解決することができるのだろうか。

 

 そんなどうしようもないシステムに挑んだ主人公達。よく分からない人物やよく分からない出来事が次々と現れるがそれを受け止めて進んでいくしかない。結構主人公達はひどいことをしているが、彼らなりの倫理観が貫かれているのでそれで戸惑うことは無い。一気に読めてしまった。

 

 ただあとがきで言い訳しているけど作品中の登場人物に著者の名前が出てきたのはちょっとひいてしまった。あれで結構冷めた。

 

モダンタイムス(上) (講談社文庫)

モダンタイムス(上) (講談社文庫)

 

モダンタイムス (小説) - Wikipedia

 

関連する作品
魔王 (講談社文庫)

魔王 (講談社文庫)

 

 

広告を非表示にする