BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ナイロビの蜂」 2005

ナイロビの蜂 (字幕版)

★★★☆☆

 

 ケニアに赴任した外交官。現地での奉仕活動に励んでいたその妻が事件に巻き込まれる。

 

 アフリカってどんな感じなのかって想像がつかない。野生動物がうようよするような原始的な生活を思い浮かべてしまうが、そういうわけでもないらしい。文明が発達したヨーロッパの近くなんだから、もっと発展していもよさそうなのに。とはいってもアフリカも広いわけで、その発想自体も間違っているのかもしれない。

 

 そんなよくわからない土地での出来事。だけど、金の匂いがすればそれに群がる人間はやっぱりいる。そういう人たちはいかにも世のためという顔しながら、本当にとんでもないことをする。製薬会社とか恐ろしいんだなってこういう映画を見ていると思う。確かに新薬開発のために動物実験とかやってるわけだし。最終的な実験は人間でやりたいだろうし。出来ることなら問題が起きても人々の関心が薄そうな土地で。その成果如何では莫大な富をもたらす。

 

 そんな陰謀渦巻く世界に巻き込まれていく外交官夫妻。でもなぁ、見ていてやっぱりレイチェル・ワイズが悪いと思うよ。疾しいことしてないから説明する必要ない、みたいな顔して堂々としてたら。旦那だって信じていても小さくなってしまう。旦那ほったらかしで活動に精を出してたら。

 

 レイフ・ファインズもそんな状況では仕方ないのだけど、それでも勇気を出して聞くべきだし、関わっていくべきだったと思う。奥さん死んじゃってから精力的に動き出すのもなんだかなぁと。そんなに積極的に動けるならもっと前に動けよ、と。そんな夫婦だからあんな結末になってしまったんだろうな、と思う。

 

 外交官のシステムがよく分かっていたらもっと楽しめたかな。出てくる登場人物の関係性がよく分からなかった。

 

監督 フェルナンド・メイレレス

 

原作

ナイロビの蜂〈上〉 (集英社文庫)

ナイロビの蜂〈上〉 (集英社文庫)

 

 

出演 レイフ・ファインズ / レイチェル・ワイズ / ダニー・ヒューストン / ピート・ポスルスウェイト/ユベール・クンデ/ビル・ナイ

 

ナイロビの蜂 (字幕版)
 

ナイロビの蜂 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする