BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「働くことがイヤな人のための本」 2001

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

★★★☆☆

 

 タイトルにあるような人に向けた本。

 

 序盤、働きたくない人たちの心情をズバズバと言い当てて理解を示す。それは自分の心を代弁するようで、しかも論理的なもんだから強い味方を得たような気分になる。本当に働かなくていいんだと安心してしまいそうで逆にヤバいなと危機感を覚えてしまった。

 

 こういう本って読者は今はうまくいってないけど本当は何かしらの才能を持っていて、うまくそれを引き出せば何かを成し遂げられる人っていう前提になっているものがほとんどだと思うが、この本の中では残酷なまでにその前提を打ち消す。確かに誰でも本当の自分はもっと出来る人間だ、成功できる人間だと淡い期待を抱きたくなるものだが、実際はほとんどの人が社会的にはひとかどの人物になれずに人生を終える。どんなに全力を尽くしても才能がなく、成功できないかもしれないがそれでもなぜ働くのか、を著者は徐々に語っていく。

 

 仕事を探し始める前まではその存在を知らなかった会社にすら、志望動機やら働く意欲を提示しなくてはいけないとなると、単純に生活費が欲しいから仕方ないけど働くしかない人にとってはなかなかその入り口を突破することができない。だけどこの本を読むことで、それでもなんとかその関門を突破し、そこで待ち受けるろくでもない現実に踏みとどまって、働き続ける心構えを持つことはできるんじゃないかと思う。雇う側にとっては良いことではないのかもしれないが。

 

著者 中島義道

 

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com