読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「セントラル・ステーション」 1998

セントラル・ステーション [DVD]

★★★☆☆

 

 駅で手紙の代書屋を営む女性。ふとしたきっかけで面倒を見ることになった母親を亡くした男の子とともに父親を探す旅に出る。

 

 文盲の人のために手紙を書いてあげる。なんとなく崇高な職業をイメージしていたが主人公の女性が悪くて意外だった。書いた手紙を出さないとか。確かに文盲の人が出す手紙を受け取る相手が文字を読める人かどうかは怪しいところだ。そう考えると代書屋という職業も怪しいものなのかもしれない。

 

 そして実際のところはどうなのかわからないがブラジルの識字率の悪さに驚く。劇中に出てくる人たちはほとんど字を読むことが出来ない。母国語の字なんて読み書きできるのは当たり前のことだと思っていたが世界をみればそうでもないところがきっとたくさんあるのだろう。

 

 ほっとけばいいのにほっとけず遂に子供を家へ連れて帰る代書屋。だけどいざ連れて帰ると疎ましく感じて今度は追い出そうとする。思いつきで何かをするとろくなことにならない。しかし次第に二人の間にきずなが生まれ・・・っていうありがちなパターンではあるのだけれどあまりなじみのないブラジルの風景とそこで生活する人々の姿を見られるのでそこそこ楽しめた。ひねくれた女性が子供との交流を通して真っすぐな心を取り戻すそんな話。

 

 少年の複雑な家庭事情がよく呑み込めず、それまでに少年は父親に会ったことがあるのかないのかよく分からなかった。ブラジルの人はすぐにそれを理解できる程、複雑な家庭事情というのはフツーなのか?

 

監督 ヴァルテル・サレス

 

出演 フェルナンダ・モンテネグロ / マリリア・ペーラ / ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ

 

セントラル・ステーション [DVD]

セントラル・ステーション [DVD]

 

セントラル・ステーション - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする