BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「バットマン リターンズ」 1992

バットマン リターンズ (字幕版)

★★★☆☆

 

ゴッサムシティの平和を守るためにバットマンが活躍する。

 

 バットマンってイマイチ見方がわからないなって思ってた。コミカルな格好をしている登場人物たちだが決して笑かしにかかってないし、かといって勧善懲悪の悪役倒して気持ちいいってわけでもない。こっちはどういう心構えで見ればいいんだと。ティム・バートンの世界にも共通することかもしれないけど。

 

 で、この映画を眺めるように見ていたら何となくわかった。ペンギンが出てきたからというわけでもないのだろうが、これはペンギン村の世界観なんだなと悟った。みんなおかしな格好したりしているけどみんな普通に生活しているのだと。そう考えたら何だか楽しめるような気がした。

 

 出ている役者が豪華でみんながいい持ち味を出している。クリストファー・ウォーケンのすっ呆けた顔やミシェル・ファイファーのセクシーな動き。これにティム・バートンのあの独特な世界観が加わって不思議な雰囲気をまとった映画となっている。

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 マイケル・キートン / ダニー・デビート / ミシェル・ファイファー / クリストファー・ウォーケン / マイケル・ガフ

 

 

広告を非表示にする