BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」 1999

ラブ・オブ・ザ・ゲーム (字幕版)

★★★★☆

 

監督 サム・ライミ

 

 全盛期を過ぎ岐路に立つメジャーリーガーの投手が様々な想い出を噛みしめながら大記録に挑む。

 

 野球は映画にしやすい。ピッチャー対バッターの1対1の対決。投球ごと、イニングごとの程よい間がある。その間の中に様々なドラマを埋め込むことが出来る。

 

 この映画はそれをうまく利用しているなぁと感心させられる。自身の選手としてのキャリア、チームメイトとの友情、ライバルとの絆、そして恋人との想い出、と人生の全てを野球の、それも一試合の中に埋め込んでいる。そして次第に高まる大記録達成の期待と緊張感。まさかそのまま達成させるとは思わなかったけど、そこがいかにもアメリカらしい。

 

 野球への想いがつまった映画。楽しめた。

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ケリー・プレストン / ジョン・C・ライリー

 

ラブ・オブ・ザ・ゲーム - Wikipedia

広告を非表示にする