BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

ゾウの時間 ネズミの時間

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

★★★☆☆

 

著者 本川達雄

 

 サイズから生き物を考察する。

 

 生き物が生き物であるための条件はあるのだから、その条件をどのようにクリアしているかを見ていけばそれぞれのカタチは説明できる。グロテスクな造形のナマコにもそうである理由がある。確かに。何も美的観点からその姿をしているわけではなく、生存するために最適な姿になっているだけだ。そして生き物である条件がある以上、生き物の体重や動く速度も一定の法則があるはず。そういった観点からあまり考えたことがなかったのでなかなか面白かった。

 

 ただその法則を説明するためにたくさんの数式が出てくる。正直これがかなりつらかった。確かに法則はあっても単純な数式では説明できないのだから仕方がないのだけど。

 

 ヒトデやウニのような人間から見たら採取が簡単な動きのノロい生き物たちは愚鈍な印象を受けるが、実際は素早く動く必要がない構造になっているっていうのも新鮮だった。敵から逃げるために素早く動ける体にしても、相手もそれに対応してさらに素早く動ける体へと進化する。結局イタチごっこできりがない。それならば別の解決方法として敵に食べられない構造になればいい。やはり生存競争を勝ち残ってきたのには理由があるんだと納得した。

 

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

 

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする