BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「楢山節考」 1958

楢山節考

★★★☆☆

 

監督/脚本 木下惠介

 

 姨捨山物語。

 

 ずっと今村昌平版だと思ってみていた。楢山節考が2作品あるなんて知らなかった。

 

 物語のあらすじを浪曲?で説明するんだけど正直聞き取れん。字幕が欲しかった。当時の人たちはこれ聞き取れたのだろうか。

 

 すべてがセットだということがまるわかりなんだけどよく作ったなと感心してしまうほどの出来栄え。セットや照明も含めてまるで芸術作品の舞台を見ているような気分になる。

 

 僕が知っている姥捨山の物語は孝行息子が親を山に捨てに行くことが出来ずに隠しておいて、後々年寄りの知恵が役に立ち年長者の知識と経験は侮れない、みたいな訓話だったがこの話はそんな説教じみた話はなく老婆は山に置き去りにされる。年老いて元気でいるのが恥ずかしい、とか、早く山に行きたいと望んだり年寄りの潔さみたいなものが感じられる。年寄りの知恵も大事だけど高齢化社会の現在、こういう潔さでさっさと後進に道を譲ることも大事なんだろうな、と思ったりもした。年寄りは呆けてあきれるくらい遊んでいればいいんじゃないかと。

 

原作

楢山節考 (新潮文庫)

楢山節考 (新潮文庫)

 

 

出演 田中絹代 / 高橋貞二 / 望月優子 / 宮口精二 / 伊藤雄之助

 

楢山節考

楢山節考

 

楢山節考 (1958年の映画) - Wikipedia

広告を非表示にする