BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「甘い生活」 1960

甘い生活 プレミアムHDマスター版 [DVD]

★★★★☆

 

 ゴシップ記事を書き、華やかな不毛な日々を過ごす記者。

 

 パパラッチの語源はこの映画の主人公から来ているらしい。知らなかった。

 

 ローマの名所を随所に登場させながら、筋があるのか無いのかよく分からない映画。でもなんだかずっと見ていられる。つまらないようでつまらなくない。

 

 人間って一貫しない生き物だ。頑張るぞと決心してもしばらくすると面倒くさくなったり、楽しく過ごしている時にもふとつまらなく思えたり。始終気ままでふらふらしている。だけど幅の広い道路のようにそれは一定の方向へと向かっていく。そうやって人それぞれの人生となる。不思議だ。

 

 田舎から出てきた父親と過ごすシーンがなかなか良かった。それ以外にもトレヴィの泉の中に女優が入っていくシーンや、古い屋敷で男女が離れた部屋で話すシーン、妖精を見たと演技する子供たちとか、いろいろと印象に残るシーンが多い映画だった。

  

監督/脚本 フェデリコ・フェリーニ

 

出演 マルチェロ・マストロヤンニ / アニタ・エクバーグ / アヌーク・エーメ

 

甘い生活 プレミアムHDマスター版 [DVD]

甘い生活 プレミアムHDマスター版 [DVD]

 

甘い生活 (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする