BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「クリスティーナの好きなコト」 2002

クリスティーナの好きなこと [DVD]

★★★☆☆

 

 ライトな恋愛を楽しむクリスティーナが本気の恋に落ちる。

 

 コメディー映画なんだけど、そのほとんどが下ネタ。ハリウッドの下ネタはド下ネタが過ぎる。下ネタやることに決めたからには徹底的にやるんだと意気込みが伝わってくる。とにかく下品であればあるほど素晴らしい、の精神で多分やってるのでかなり引く。

 

 だけど見れるのはキャメロン・ディアスの魅力のおかげだ。この人は頭の悪い女の役を嫌味なく演じている。大抵こんな下品なギャグを連発をするとウザがられるし、腹立たしくなってくるわけだが、彼女の愛嬌が憎めない感じに持ち込んでしまう。正直、これは演技力とかなんかじゃないと思う。彼女のもともとの性格や人間性のおかげ。

 

 キャメロン・ディアスありきでこの映画を作ったのならまぁ許せる。彼女の良さは充分引き出している。

 

監督 ロジャー・カンブル

 

出演 キャメロン・ディアス / クリスティーナ・アップルゲイト / セルマ・ブレア / トマス・ジェイン

 

クリスティーナの好きなコト - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com