BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「永遠のモータウン」 2002

永遠のモータウン [DVD]

★★★★☆

 

監督 ポール・ジャストマン

 

 モータウン黄金時代を支えたバックミュージシャンたちに迫るドキュメンタリー。

 

 モータウンの数々のヒット曲に関わってきた彼らなのに当時の映像はほとんどなく本当に陰の存在だったことがよく分かる。そして彼らの中に白人が混じっていたことも意外だった。黒人メインの社会でも音楽が仲介して普通に入っていくし、それを迎え入れていたんだなと。

 

 自動車産業の中心の工業地帯に人が集まり、文化が生まれていく。彼らもただの労働者ではなく、人生も楽しもうとしていたからだろう。日本ではあまりそういったことがないような気がする。福岡とか広島とかがそれにあたるのか。

 

 当時はスポットライトの当たらなかった彼らだが、時を経て正しく彼らを評価する人たちが現れるというのは素晴らしいことだ。観客が彼らの功績を称え拍手を送るライブシーンは感動的だった。

 

永遠のモータウン [DVD]

永遠のモータウン [DVD]

 

 

広告を非表示にする